【エッセイ】嬉しい朝|シャンソン歌手宇佐美一生、モデル、司会もやっています。

宇佐美一生研究所
宇佐美一生研究所
嬉しい朝

何とも気持の良い朝でした。
家を出て直ぐ、車の窓にその景色は飛び込んで来ました。
フロントガラスから助手席に、柿の実が賑やかに垂れ下がったのが見え、それはもう小さい頃遊んだ鎮守様のお祭りの様で嬉しくなりました。
しばらくすると今度は何で今頃と思うような、満開の朝顔の花でした。
薄水色の紙風船のようで、涼しい人が歩いている様で嬉しくなりました。

銘仙の着物を着た、お洒落した母の姿が浮かびました。
今日は好い日になりそうで、見上げたルームミラーに笑顔がうつりました。
それを見て又嬉しくなりました。